メガリスの副作用を知ろう! | 個人輸入で購入できるジェネリックED治療薬比較

個人輸入で購入できるジェネリックED治療薬比較
Home » シアリス系 > メガリス > メガリスの副作用を知ろう!
メガリス | 07月30日更新

メガリスの副作用を知ろう!


メガリスとは、日本でのED治療薬として知られるシアリスのジェネリック医薬品です。
シリアスと同様に、効果持続時間が長いことで人気が出ています。
薬の効果は、持続時間が長い事や食事やアルコール摂取によって効果が薄まることが少ないという事などがあげられていますが、使用するのであれば副作用についても知っておく必要があります。

代表的な副作用としては、頭痛、腰痛、筋肉痛、ほてり、顔面紅潮、鼻づまり、鼻水などがあげられます。
さらに、薬には血管の拡張作用がありますから、目の充血などの症状も考えられます。
また、腰痛や筋肉痛は服用してから12時間〜24時間後に症状が出てくることもあります。

さらに、血管の拡張作用によって血圧を下げる働きもしますから、高血圧症で血圧降下剤を服用している人は、2重に血圧降下作用が働いて血圧が下がりすぎる事もありますので、医師に相談して服用のタイミングを考えなくてはなりません。
また、ニトログリセリン系の心臓薬を飲んでいる人は、血圧が急降下する可能性がありますので、ED治療薬は絶対に飲んではいけません。

バイアグラやレビトラといった種類のED治療薬に比べると、作用時間が長い分効果はマイルドなイメージの使い心地な上に副作用が少ないため、安心して使用できるようです。