シルデナフィルのメリット・デメリット | 個人輸入で購入できるジェネリックED治療薬比較

個人輸入で購入できるジェネリックED治療薬比較

シルデナフィルのメリット・デメリット


最近、日本人のED(勃起不全)は、40才~70才では半数以上の方がEDになっていて、日本でEDに悩む人は、1,130万人の方がいると言われています。

しかし、恥ずかしいということが理由で、病院に行く人がごく少数しかいないのが現状です。

ED(勃起不全)の原因としては
・40才を過ぎてくると陰茎勃起機能の低下による加齢が原因のもの。
・抗うつ薬、前立腺肥大治療薬、降圧剤等の薬剤の服用が原因のもの。
・日常の社会生活によるストレスの蓄積、日頃の運動不足、不規則な食事、お 酒の飲みすぎ、喫煙など毎日の生活パターンが原因のもの。
・糖尿病、高血圧、高脂血症などの生活習慣病が原因のもの。
・前立腺がん、膀胱がん、直腸がんなどの摘出術による勃起神経の損傷が原因 のもの。
・交通事故、スポーツなどによる脊髄損傷が原因のもの。

このように、ED(勃起不全)の原因は、様々なことが考えられます。

一日も早く病院に行き、医師の診察を受け、正しい治療を受けることが先決だと思います。

シルデナフィルは、勃起不全・勃起障害を改善するED治療薬です。

シルデナフィルは、バイアグラのジェネリック医薬品で、インドで製造・販売されております。

バイアグラとシルデナフィルの成分はクエン酸シルデナフィルでまったく同じで、効力も同等です。

シルデナフィルのメリットとしては、他のED(勃起不全)治療薬に比べ僅かな性的刺激でも勃起を可能にする効果が高い事です。

シルデナフィルは、ED(勃起不全)でない方がパートナーとのより充実した性生活の目的で使用する方も多く、勃起力の強化、勃起状態が長時間持続される為、性生活が飛躍的に向上する効果が認められています。

また、シルデナフィルはバイアグラジェネリックで価格がバイアグラに比べて安価なのが特徴です。

デメリットとしては、シルデナフィルを使ったとしてもED(勃起不全)の症状が一時的に良くなるだけで、根本的な解決にはなりません。

EDを根本的に治すには、病院で治療することをお勧めします。

シルデナフィルは、食事に影響を受け易いので空腹時の服用が効果的です。

シルデナフィルには、副作用として頭痛、のぼせ、めまい、鼻づまり、消化不良、動悸、視覚異常などがみられることがあります。

シルデナフィルは、1日1回の服用を限度として、服用間隔は24時間以上あけてください。

硝酸剤あるいは一酸化窒素(NO)供与剤(ニトログリセリン、亜硝酸アミル、硝酸イソソルビド等)など併用禁忌薬があります。

また、心臓疾患をお持ちの方、他に治療を受けている方、他の医薬品を服用中の方は、服用の際には医師・薬剤師などにご相談ください。

シルデナフィルとは