カマグラの副作用を正しく知ろう | 個人輸入で購入できるジェネリックED治療薬比較

個人輸入で購入できるジェネリックED治療薬比較
Home » バイアグラ系 > カマグラ > カマグラの副作用を正しく知ろう
カマグラ | 08月03日更新

カマグラの副作用を正しく知ろう


カマグラとは、ED治療薬のバイアグラのジェネリック薬品として、インドのAjanta Pharmaによって製造販売されています。
バイアグラ同様に、シルデナフィル(sildenafil)という医薬品成分を使用して製造されていて、ホスホジエステラーゼ5(PDE5)を阻害してサイクリックGMP(cyclicGMP)の分解を抑制する効果があり、これによって血管を拡張させることで男性器の海綿体の血液を増量させて、十分な勃起へと導いてくれます。

血管の拡張作用があることから、血圧上昇、頭痛、吐き気、胸部拍動感、顔のほてりなどの副作用が考えられます。
そのほかにも、急激な腹痛や瞼の腫れなども報告されていますので、正しい飲み方をしなくてはなりません。
特に、最初のうちはどれくらいの量で自分にどれくらいの副作用がでるのか見当がつきませんから、薬を小さく切って飲んでみるなどの調節をした方がよいでしょう。

これらの副作用は、一過性のものなのでけっして無理をせずに静かに休むことも大切です。
一般的に、カマグラの副作用は5時間程度で治まる場合も多いようですが、さらに強い副作用が出てしまった時は、迷わず病院で見てもらう事が大切です。
そうならないためにも、正しい用法・用量を守るようにしましょう。