バイアグラの副作用まとめ | 個人輸入で購入できるジェネリックED治療薬比較

個人輸入で購入できるジェネリックED治療薬比較
Home » バイアグラ系 > バイアグラ > バイアグラの副作用まとめ
バイアグラ | 08月31日更新

バイアグラの副作用まとめ


バイアグラは、EDに悩む方にとっての夢のような治療薬ですが、効き目が抜群であると同時に、副作用についてもきちんと知っておく必要があります。

バイアグラの服用によって、血管拡張作用の効果があり、代表的な副作用としては顔のほてり、めまい、動悸、胃痛、吐き気、視覚異常(光に敏感になって色が変化してみえたりする)、目の充血、頭痛、のぼせ、腹痛、鼻つまりや鼻水といった症状が現れます。
4時間から6時間で治まることが多いので、これくらいで治まればあまり気にしなくてもよいようです。
多くの人は、顔のほてりと目の充血を感じるようです。
しかし、それを感じたことによってバイアグラが効いてきたと合図代わりにする人もちらほらみられました。

また、深刻な副作用としては、4時間以上痛みを伴う勃起が継続されたり、持続勃起症による勃起機能の喪失や突発性難聴といったものも確認されています。
少しでも強い副作用を感じたら、迷わず病院へ行くようにしましょう。

また、血管拡張作用がありますから、狭心症の薬である硝酸剤などを使用している人は、急激に血圧を下げてしまう可能性があり、危険を伴いますので使用してはいけません。
必ず医師に相談して、ED治療に対してどうすべきなのか一緒に考えてもらいましょう。