バイアグラの効果をまとめてみた | 個人輸入で購入できるジェネリックED治療薬比較

個人輸入で購入できるジェネリックED治療薬比較
Home » バイアグラ系 > バイアグラ > バイアグラの効果をまとめてみた
バイアグラ | 08月19日更新

バイアグラの効果をまとめてみた


バイアグラは、どのような効果があるのでしょうか。

服用したからといって、ずっと勃起したままになるというわけではありません。
勃起というものは、性器の海綿体に血液が集まることで固くなります。
陰茎に性的刺激が加わると一酸化窒素が分泌されて、環状グアノシン一リン酸が形成されます。
この物質が海綿体の筋肉を弛緩させて、陰茎に血液が流れ込んで勃起が起きるようになっています。
環状グアノシン一リン酸は、このように勃起に欠かせない物質なのですが、5型ホスホジエステラーゼ(PDE-5)という酵素によって分解されてしまうのです。

バイアグラは、この環状グアノシン一リン酸の分解を防ぐ為に、5型ホスホジエステラーゼ(PDE-5)の働きを妨害する効果があるのです。
これによって、性的興奮を脳が感じると勃起がきちんと起きるのです。
また、性的興奮を増大させる効果はありませんから、あくまでも血流を促進させることで勃起を促すものです。

服用のタイミングは性行為の1時間前程度が良いとされていて、空腹時に服用すれば30分程度で効果が現れます。
また、効果作用時間は5時間程度となっていていますが、個人差や体調の変化によって多少の変動があるようです。