バイアグラとは? | 個人輸入で購入できるジェネリックED治療薬比較

個人輸入で購入できるジェネリックED治療薬比較

バイアグラとは?


バイアグラは、1990年に狭心症の治療薬として研究開発されましたが、臨床試験では狭心症の治療薬として良い結果が出ず、臨床試験も打ち切りとなり、被験者から勃起効果があると知らされたことから、現在のような勃起不全症(ED)の治療薬として利用されることになりました。

ED治療薬のバイアグラは、1998年にアメリカのファイザー製薬から販売され、翌年の1999年には日本でも勃起不全の医療用治療薬として認可されました。

このバイアグラという名称はファイザー社の登録商標で、バイアグラの主成分のシルデナフィルが陰茎周辺部の神経に作用して血管を拡張させ、血流量が増えることによって勃起作用が起こり、ED(勃起不全)治療薬として使用されています。

バイアグラの名前の由来について。
VITAL(生き生きとした)とNIAGARA(ナイアガラの滝)の二つの単語を合わせて出来た名前で、男性の精力(生命力)がナイアガラの滝のように溢れ出るほど満たされるといった意味が込められています。

勃起不全の症状がある場合、バイアグラを性行為の30分くらい前に服用すると陰茎が勃起し、性行為が可能になります。

なお、食事と一緒に服用すると空腹時に比べて効果の発現時間が遅れたり、 効果自体も半減したりすることがありますので、なるべく空腹時に服用することをお勧めいたします。

食事をする場合は、空腹時に服用して食事の前にバイアグラを体に吸収させてしまえば、食事をしても影響がないので、食事の30~40分前に服用すると効果的です。

但し、性的刺激がない場合は、勃起することはありません。

硝酸剤あるいは 一酸化窒素(NO)供与剤(ニトログリセリン、 亜硝酸アミル、硝酸イソソルビド等)を投与中の患者は、バイアグラを服用しないで下さい。

また、バイアグラは陰茎の勃起に効果はがありますが、精液の量を増やす効果はありません。

バイアグラは特許期間中なので、バイアグラのジェネリックは、国の法律で、薬品の特許が認められていないインドでのみジェネリック医薬品として販売されています。

バイアグラのメリット・デメリット